様々なタイプの霊園から納得のいくところを探しましょう

鮮やかな花

シンボルツリーを使った樹木葬がある寺院や霊園

墓とタワーマンション

樹木葬は、他のお墓に比べると、比較的新しいタイプのお墓になります。民営霊園や寺院墓地でも一部を樹木葬区画にしているところもあります。樹木葬は、国内だけでなく、海外でも人気が高まっています。
樹木葬は霊園によって特徴があります。墓石を使わず樹木を墓標にします。象徴となるシンボルツリーがあり、納骨の際に苗木を植えたり、樹木の根元に納骨したりと、植樹のタイミングは異なります。シンボルツリーに使われるのは、サクラやハナミズキ、ヤマツツジ、サルスベリ、カエデ、クスノキなどの木を使ったり、バラや紫陽花などの草花を使う霊園もあります。
樹木葬を選ぶ方は、永代供養を目的とする方や自然回帰を願う人などがいます。中には、墓石よりもリーズナブルなためという方もいます。少子高齢化や子供がいない家庭が増えていることもあり、将来のお墓の管理が心配な方におすすめで、樹木葬がある寺院や霊園などが遺族に代わってお墓の管理をしてくれるというメリットがあります。
樹木葬はまだまだ珍しいお墓の形です。そのため、故人や子供たち、配偶者、親族などに相談して賛成してもらうことも大切です。樹木葬への理解を得ることで、良いお墓を建てることができます。

霊園を選ぶときは慎重に考えて決める

霊園を選ぶときは、慎重に考えて決めることが大切です。お墓は高価な買い物で、まとまった金額が必要になります。一度建てると簡単に移転ができるものではないため注意が必要です。
宗教不問の霊園では宗教は一切問われませんが、霊園・墓地は場所によって、宗教が制限されているところがあります。宗旨・宗派に合わせて選ぶ必要があります。
お墓参りのしやすさもポイントになります。将来のことを考えて、足腰が弱ってきたり、車が使えなくなった場合このことも想像します。お盆やお彼岸だけでなく、お墓参りができるように、公共の交通を使ったときのアクセスを確認しておきます。家から近いこともポイントが高いです。
お墓を建てるときにかかる費用は、墓石を購入する費用や霊園に支払う永代使用料や管理費になります。管理費が高いと経済的な負担が気になるため、予算を決めて霊園を選ぶ必要があります。
管理事務所や売店、休憩所の有無も確認しておくと役立ちます。郊外にある霊園は、自然の中にあるため他の施設を探すのが難しい場合があります。売店や休憩所やがあると、一息つきたいときに便利です。
新しい霊園では、バリアフリー設計も進んでいます。通路が広いことやスロープがあるなど、お年寄りに優しく車椅子の方も無理なくお参りできます。

小高い丘にある海が見える霊園が人気

霊園の選び方は、霊園にどんなことを望んでいるかを考えることが大事です。バリエーション豊富な墓地形態の霊園には、一般的な墓所以外にも自由墓地・芝生墓地・樹木葬墓地など用意しているところもあります。宗教を大切にしている場合は専用の新規格墓地が設置されているところや、花と緑に囲まれたい方には自然豊かな墓地、一代限りの墓地なども見つけることができます。中には、永代供養合祀墓や納骨堂も希望される方もいます。様々なニーズに対応できるように墓地形態を選択できる大きな霊園墓地が増えてきています。
自然の中にある霊園が人気ですが、小高い丘にある海が見える霊園もあります。お墓から海が見えるので、穏やかな気持ちになれます。ドライブがてらお墓参りをすることができるため、家族の方も帰りに海に寄ったりと楽しいひと時を過ごせるところが魅力です。海が近いと言っても、小高い丘になっているため墓石に海水がかかる心配はありません。
海が好きな方や、海の近くで育った方には懐かしく感じられる霊園です。都会の喧騒から離れて、潮風が気持ちよく波の音が聞こえてくるのでリラックスすることができます。落ち着いた雰囲気の霊園を探している方に人気があります。

「メモリアルパーク」はいろんな場所にあるため、自分の都合や、希望にあった霊園が見つかると思います。墓石のデザインを幅広く取り揃えており、お好きな組み合わせでオリジナルの墓石を作ることもできます。一度、確認してみてください。