様々なタイプの霊園から納得のいくところを探しましょう

鮮やかな花

霊園選びで大切なことは誰と入るかということ

合掌をする人

霊園選びで大切なことは、誰と入るかということです。お墓を作るときには、誰と入るお墓かということを考えなくてはなりません。そして、誰が建てた後にお墓の面倒を見るのかということも重要なポイントになります。
伝統的なお墓は、先祖から受け継がれてきたもので、代々子孫に受け継がれていきます。しかし、最近では少子高齢化でお墓の面倒をみる人が少なくなってきています。そのため、個人墓や夫婦など一人や夫婦で入るお墓が増えてきています。永代供養墓を希望すると、お墓の供養や管理をしてくれます。
新しい形の両家墓という形もあります。長男と長女が結婚がした場合、一人娘が結婚がした場合など、実家のお墓を維持するのが難しくなってきます。お墓を大切に守っていくためにも、墓石に両家の姓を刻むことで、両家墓という一つの家族で両家をまつる方法になります。他にも共同墓や集合墓など様々な形態のお墓が用意されています。
ライフスタイルの変化に合わせて新しい埋葬のスタイルが誕生しています。霊園にも様々なタイプがあり、生前に自分のお墓を考えられるようにもなってきています。霊園やお墓を決めるときは、家族の理解が必要です。よく話し合ってお墓を決めることが大切です。